●お問い合わせ

●トップページ

山梨県議会議員  自由民主党・創明会「鈴木 幹夫」公式ホームページ

働き方改革について

女性の活躍推進について

宮川典子文部科学大臣政務官との意見交換

やまなし暮らし支援センター

株式会社 島忠

川越市中心市街地活性化協議会

県警本部

県警本部

県警本部

富士山科学研究所

富士山科学研究所

平成29年11月28日~30日に福岡県を訪ね、調査・研修をしてきました。

災害対策、スタジアム建設、農産物の販路拡大、高齢者の就職支援等について福岡県内の各施設を訪ね、調査・研修を行いました。

公益財団法人福岡県トラック協会 北九州緊急物資輸送センター

ミクニワールドスタジアム北九州

九州農産物通商株式会社

福岡県庁(「70歳現役社会」づくり推進事業について

 平成29年7月19日~21日に岡山県、広島県を訪ね調査・研修をしました。

 今回は、産業振興、環境対策、人材育成、子育て支援、産業振興等をテーマに、岡山、広島県内の各施設を視察し、調査・研修を行いました。

 

岡山県庁(おかやまCLTリーディングプロジェクトについて)

岡山県庁(おかやま新エネルギービジョンについて)

マツダ株式会社(ワークライフバランスへの取り組みについて)

広島県庁(「ひろしま版ネウボラ」について)

広島県庁(次世代産業への取り組み)

呉市役所(ゆめづくり地域協働プログラムについて)

 平成29年3月27・28日に東京都千代田区の参議院議員会館の会議室をお借りし、東京研修を実施しました。

 今回の調査テーマとして、観光振興、地方創生、情報政策を設定しました。それぞれ国の関係省庁から各事業等について調査、意見交換を行い、国の施策を本県の施策に効率的に生かしてまいります。

 また、研修とは別に首相官邸を視察し、菅義偉官房長官との面談や、参議院本館で橋本聖子党参議院会長、吉田博美党参議院幹事長との意見交換なども行いました。

 

 平成28年7月20日~22日の2泊3日で秋田県、岩手県の2県を訪問し調査・研修をしてきました。

 秋田県では、秋田県庁、仙北市観光課を訪ねました。秋田県庁では子育て支援や、子供の学力向上への取り組みについて意見交換をし、仙北市観光課では農村滞在型修学旅行への取り組みにつて話を聞いてきました。

 岩手県では、オガール紫波㈱、岩手県立黒澤尻工業高等学校を訪ね、

 都市開発事業への取り組み,工業高校の専攻科への取り組み等について調査、研究をしてきました

 

秋田県庁

秋田県庁

仙北市観光課

仙北市観光課

オガール紫波㈱

オガール紫波㈱

岩手県立黒澤尻工業高等学校

岩手県立黒澤尻工業高等学校

2月1日~3日に兵庫県、大阪府を訪ね、農業支援、農業分野の人材育成への取り組み、産学地域連携への取り組み、ものづくり関連中小企業後継者育成への取り組み、中高一貫教育などについて調査・研究をしてきました。

 

 

㈱パソナ農園隊 淡路事務所

㈱パソナ農園隊 淡路事務所

大阪府立大学 地域連携研究機構

大阪府立大学植物工場研究センター

大阪府立大学BNCT研究センター

大阪府立大学BNCT研究センター

㈱テクノタイヨー

㈱テクノタイヨー

灘中学校・灘高等学校

灘中学校・灘高等学校

定例会について執行部より議案説明

●会派県内調査

 平成27年11月27日 南部都留郡忍野村・ファナック㈱調査

 平成27年8月18日 昭和町・藤精機㈱、大月市・㈱ニッセー調査

 8月18日には、昭和町・藤精機㈱、大月市・㈱ニッセーを、11月27日には南都留郡忍野村のファナック㈱を調査してきました。

 藤精機㈱は昭和町の釜無金属工業団地内に所在し、精密板金、プレス等を主な業務として事業展開をしています。

 ㈱ニッセーは、大月市富浜町鳥沢に所在し、主な事業内容として、工作機械(転造盤)の製造販売を行っています。当日は、新仏利仲代表取締役社長、天野秀一常務取締役、深山宗谷取締役転造開発営業室長からお話を伺いました。

 11月27日には、世界的に有名な産業用ロボット、工作機械メーカーのファナック㈱を訪問し、岡田俊哉専務取締役と藤井敬介広報部長にお話を伺いました。

 施設内に一歩入るとそこはまるで未来の工場に足を踏み入れたようでした。日本の技術力の高さを目の当たりにし、日本の発展の可能性を感じました。

 今回は県内の優良企業を訪問し、お話を聞きながら調査・研究をしてきましたが、これらの研究成果を県内の中小企業の活性化に生かすことができるよう努めていきたいと考えています。

 

藤精機㈱

㈱ニッセー

藤精機㈱

㈱ニッセー

ファナック㈱

ファナック㈱

●平成27年7月28日 会派県内調査

 平成27年7月28日に山梨大学医学部附属病院と山梨県立中央病院へ現地調査を実施しました。

 山梨大学医学部附属病院では、藤井病院長と木内副病院長より①病院再整備事業の概要 ②内視鏡手術支援ロボット「ダヴィンチ」の概要 ③県内医療機関への医師派遣の状況 ④医学部卒業生(看護学科を含む)の県内就職状況 ⑤臨床研修医の受け入れ ⑥寄付講座の実施状況について伺いました。

 また、山梨県立中央病院では、小俣理事長より①救急医療センターの現状と課題 ②ドクターヘリ、ドクターカーの運用状況 ③総合周産期母子医療センターの現状と課題 ④通院ガン治療センターの現状と課題 ⑤空き病棟の再開見込み ⑥臨床研修医の受け入れについて説明を受けました。

山梨大学医学部附属病院

山梨県立中央病院

山梨県立中央病院

●平成27年7月22日〜24日 会派県内調査

 7月22日~24日までの3日間、政務調査として香川、高知、愛媛の3県を訪問しました。

 初日は、香川県の「香川県ひきこもり支援センター」を訪問し、KHJ香川県オリーブの会の川井会長より、同県におけるひきこもり支援対策について話を聞きました。午後は、高松市内にある「高松丸亀町商店街」の再生について、古川理事長より具体的な取り組みを伺うことができました。

 2日目は高知県と愛媛県を訪問し、高知県では、高知県土木住宅課の川崎課長補佐から、同県における空き家対策の取り組み状況について伺いました。空き家率が全国で最も高い本県において、非常に参考となる内容でした。続いて愛媛県では、「新居浜工業高等専門学校」を訪問し迫原校長から説明を受け、同校の概要等について調査、研究をしてきました。

 最終日の愛媛県では、「松山市役所」と「四国がんセンター」を訪問し、松山市役所では三好リーダーから、中小企業を応援する「松山市中小企業振興基本条例」の9つの基本方針について伺いました。また、四国がんセンターでは、がんに関する先進医療の取り組み状況等について、栗田院長から伺いました。

 3県の調査は、山梨の抱えている課題に対して参考になるものも多く、これらの調査、研究の成果を県政に生かしていきたいと思います。

香川県ひきこもり支援センター

新居浜工業高等専門学校

香川県ひきこもり支援センター

高知県土木住宅課

松山市役所

四国がんセンター

山梨県議会議員 鈴木みきお     E-Mail : suzuki-mikio@plala.or.jp

〒404-0044 山梨県甲州市塩山下塩後627  TEL 0553-33-3676  FAX 0553-33-3668