山梨県議会議員  自由民主党・創明会「鈴木 幹夫」公式ホームページ 鈴木みきお すずきみきお 甲州市

●トップページ

●お問い合わせ

©SUZUKI MIKIO 2015 official web site All Rights Reserved.

 地方創生を大きな目標に掲げた国の新年度予算も正式決定し、間もなく平成28年度を迎えようとしています。きたるべき新年度は、本県においても新県政が誕生2年目となり、「ふるさと創生」「ふるさと活性化」へ向かっての正念場の年になるはずです。

 ふるさと山梨、そして生まれ育った峡東地域の暮らしと生活の向上は、3期10年の県議会議員活動での一貫して変わることのない目標であります。少子高齢化、人口減少への対策は、国全体の課題でありますが、とりわけ「山梨という地方」さらには「地方の中の地域」である峡東地域に暮らす私たちにとって、目をそらすことのできない切実な希望であります。

 そして、県議会活動を通して、この課題に取り組んでまいりました私は、自らが暮らす地域の活性化が、県の活性化に、そして国の活性化につながると実感しております。そのためには、まず峡東の地域振興を目標に、県との議論を展開してまいりました。

 今後も「少子高齢化と人口減少」「農業の振興」「医療、福祉」「教育、子育て」の充実など、地域からの切実な要望を一つひとつ実現していくことが「国の地方創生」の原動力となるべく、新たな挑戦を目指していきます。

 

 日本創生会議の人口減少問題分化会は「2040年には、若い女性の都市部への流出で全国896の市町村が消滅の危機」との推計を発表しました。

 山梨県に限っていえば16市町村が含まれています。甲州市も他人事ではありません。

 県でも戦略対策会議を立ち上げましたが、あらゆる面で提言と質疑を徹底していきます。

 

 平成26年2月に県民は未曾有の豪雪を体験しました。ハウス復旧など、その遺症は今も続いています。温暖化による気象変動はすぐには解決できません。

 御嶽山の噴火は、富士山噴火への大きな警鐘でした。自然災害は日時、昼夜を待ってくれません。東海、南海トラフ地震への対策は県内でもさらなる強化を求めます。

 

 教育の充実は、未来の山梨を占う最大の指針だと言えます。全国平均になかなか届かない学力調査の成績もその一つです。併せて、子育て施設の充実にも真剣に取り組まなければなりません。今、国が推進している女性の社会進出の面からみても教育と子育ては切り離すことができません。県の施策への注文とチェックに力を入れます。

 医療と福祉は人口減少と相関関係にある少子高齢化に係わる重要課題です。今、全国平均より一歩進んでいるのが山梨の高齢化です。それに伴う医療費も増加の一途です。豊かな暮らしに不可欠なのは、健康への不安の解消です。県も様々な施策を展開していますが、決定的なものではありません。身近な塩山市民病院を中核とした地域医療の環境整備などこの分野にも取り組んでいきます。

 全線開通は10数年後ですが、県民へのプラスの活用法を議論するには時間が足りないともいえます。すでに様々な意見が交わされ、駅周辺の整備計画も提案されていますが、全県的にはいまだ方向性を探る段階です。甲州市に於いては、リニア駅との交通ネットワークの構築を考えていきます。

 県内は、農業後継者の不足、耕作放棄農地の増加等々農業離れの現象が顕著です。果樹王国山梨の拠点でもある私たちの峡東地域でも、これらの問題は他人事ではないのが現状です。県でも「やまなし農業ルネサンス大綱」を策定しましたが、状況はあまり変わりません。

農業の担い手の確保、耕作放棄農地対策、農産物の流通・販売対策、農業の6次産業化などの諸課題に対し、今後とも積極的に提言し ていきたいと思います。

 

山梨県は、首都圏に隣接する位置にありながら、豊かな自然をはじめとする貴重な地域資源を有していますが、わが峡東地域には、世界に誇れる果樹があります。私は、この果樹を最大限に活用して人々が集う場所をつくり、地域を活性化させることで、「いきいき山梨プロジェクト」を実現したいと思っています。私は、地域の皆さんと一緒に未来の扉を開きたいのです。

●愛好家などの写真、絵画、生け花、陶器、俳句などの展示や体験教室

●地元サークルなどによる音楽、ダンスなどの発表、フリーマーケットの開催

●周辺農地を使った野菜、くだもの、そば、麦などの栽培・収穫

●そば打ち体験教室

●ヴェスタスクール食の学校(小学生への食教育)

●直売施設

●柿、ぶどうなどの特産果物と二次製品の加工販売

●チャレンジショップ

●地元食材を使った、パスタ、パン、ケーキ、そば等の提供

●ジビエ料理の提供

【後援会】鈴木みきお後援会「鈴の会」     E-Mail : fresh@festa.ocn.ne.jp

〒404-0043 山梨県甲州市塩山下於曽1710  電話:0553-33-3676   FAX:0553-33-3668